背中ニキビと睡眠は密接に関係?背中ニキビを治す為に知って欲しいこと

投稿日:

睡眠

なかなか治らない背中ニキビ。

触るとブツブツしているし、治っても跡が赤く残って憂鬱ですよね。

 

背中ニキビの原因は様々なのですが、顔のお肌同様、睡眠と密接に関係していることをご存知ですか?

 

背中ニキビを治す為には、その関係性をしっかり理解して、忙しい中でも効率的に効果的に睡眠をとることが欠かせないのです。

そこで、背中ニキビを治す為には、どのように睡眠を工夫すれば良いのかをお話します。

 

なぜ背中ニキビに睡眠が重要なの?

なぜ

大人になってからできるニキビは、ストレスや睡眠不足などの生活リズムの乱れが大きな原因の1つで、背中ニキビも例外ではありません。

 

過度のストレスがかかると、人は自分の身を守るために交感神経が優位になり、体の中で男性ホルモンの分泌が過剰になります。

この男性ホルモンには、

 

 

  • 皮脂の分泌を過剰にする
  • 角質を固くする

 

 

という働きを持っており、結果ニキビができやすくなってしまうのです。

 

ただし、ニキビのできる場所が背中だけの場合は、ストレスや生活の乱れはもちろんですが、それ以上に背中に悪い刺激が継続的にあり、肌のバリア機能を低下させるという外的要素も大きくなります。

 

だとしたら、睡眠と背中ニキビは関係ないのでは、と思うかもしれませんね。

だけど、背中ニキビを治すためには、睡眠はとても大切。

 

睡眠は人間が健康を保つためになくてはならないものなのですが、肌の回復機能も、この睡眠に大きな影響を受けるのです。

体の疲れが睡眠をとると回復するように、背中ニキビでダメージを受けた肌も、良質な睡眠をとることで、回復機能が高まります。

 

だからこそ、背中ニキビを治す為に、睡眠は切り離すことができない、とても大切な時間なのです。

 

背中ニキビを治す為に睡眠で心がけることとは?

では、具体的にどのような睡眠が背中ニキビの回復を促すのか説明しますね。

背中ニキビを治す為に最も大切なのは、良質な睡眠です。

 

良質な睡眠とは、ぐっすり眠ること。

睡眠時間が長くても、ウトウトと目が覚めたり眠ったりの繰り返しは、肌の回復にはあまり効果がありません。

 

以前は、肌の回復機能を高めるためには、22時から2時までの間にぐっすり眠ることが必要だと言われていました。

 

この時間に睡眠していると、最も成長ホルモンが活発に分泌され、体の回復機能を高めるからというのが理由でした。

だけど、忙しい毎日の中、毎日22時には熟睡している状態を保つなんて絶対に無理ですよね。

 

でも、ここで朗報があります。

最近の研究では、睡眠は眠っている時刻には関係なく、入眠後3~4時間、肌の回復機能も高める成長ホルモンが分泌されるという説が出てきたのです。

 

もちろん、早寝早起きができれば、これ以上のことはないのですが、仕事もあるし不可能ですよね。

なので、良質な睡眠をとれるように工夫して、特に入眠3~4時間はぐっすり眠れる環境作りをしていきましょう。

 

背中ニキビの回復を促す良質な睡眠をとるために気を付けたいこと8つのこと

数字

では、背中ニキビを治す為に睡眠の質を上げる方法を教えますね。

 

良質な睡眠に欠かせない2つのホルモンを上手にコントロールしよう

運転

  • 睡眠を促すホルモン、メラトニン

睡眠に欠かせないメラトニンというホルモンがあります。このホルモンは、別名睡眠ホルモンと呼ばれ、睡眠を促す働きがあるのです。

 

このメラトニンは、朝光を浴びると徐々に分泌され、15時間後にピークを迎えると言われています。

睡眠に必要不可欠なメラトニンをしっかり分泌するために、太陽の光を浴びるように心がけましょう。

 

  • 睡眠の質を上げるセロトニン

セロトニンは人の心を落ち着かせ、リラックス作用のあるホルモンです。別名幸せホルモンと呼ばれています。

 

セロトニンを増加させることで、心身を穏やかにさせ、睡眠の質を上げる効果があります。

このセロトニンは、トリプトファンという酵素を摂取することで分泌が活発になります。

 

トリプトファンが多く含まれる食材の代表は牛乳。

ホットミルクを飲むと、眠くなるというジンクスは、実は科学的根拠のあることなのですね。

 

その他、バナナや肉類にもトリプトファンは多く含まれているので、夕食に取り入れたり、就寝の歯磨き前にホットミルクを飲んだりすると良いでしょう。

 

テレビやスマホ、パソコンは寝る直前禁止

スマホ

テレビやスマホ、パソコンの光は、思っている以上に明るく、脳が「今は昼、起きている時間」という錯覚を起こしてしまい、脳が覚醒し、睡眠の質を下げてしまいます。

やっと仕事が終わり、自分の自由時間として使いたいとは思いますが、寝る直前はやめて、使用する時間帯の工夫をしましょう。

 

お風呂のお湯の温度は温め

お風呂

疲れた!熱いシャワーでサッパリしたい!と思うかもしれませんね。お風呂のお湯の温度の好みは個人差が大きいものです。

だけど、良質な睡眠をとるためには、熱いお湯は刺激が強く交感神経を優位にしてしまいます。また、背中ニキビそのものにも、熱いお湯は悪い刺激となり、悪化につながってしまうのです。

 

お風呂やシャワーのお湯の温度は温めの37~39度にしましょう。

また、入浴剤にラベンダーの香り付など、リラックス効果を高めるものを選ぶと良いでしょう。

 

パジャマを用意しよう

パジャマ

部屋着とパジャマが同じという人もいるかもしれませんが、パジャマは人が眠るために快適な作りになっています。

 

締め付けがなく、袖や裾がゆったりして寝返りの妨げにならず、更には体温を適度に外に逃がし通気性が高いのです。

また、パジャマを着ることで、「これから眠ります」という就寝スイッチが入ります。

 

パジャマの素材は綿100%が良いでしょう。

吸水性が高く肌に優しい柔らかな素材で、背中にニキビがあっても着心地が良く快適です。

 

寝室をエアコンと加湿器で快適に保とう

エアコン

部屋は寒すぎても暑すぎても睡眠の妨げになります。

また、室内が乾燥していると、肌も乾燥しやすくなり、背中ニキビにも良くありません。

 

寝室は、エアコンと加湿器を使って、自分が快適な状態を保ちましょう。

エアコンが苦手な方は、冬は布団を保温性の高いものにしたり、夏は氷枕などを使ったりして工夫してくださいね。

 

寝具は綿100%で揃えよう

寝具

背中ニキビがあるということは、肌のバリア機能が低下し、敏感になっているということ。

 

なので、毎日使用し、肌に触れる寝具は、パジャマ同様肌に優しい綿100%で揃えましょう。

替えも用意して、清潔を保つことが大切です。

 

夕方以降は飲食物に気を付けよう

飲み物

  • カフェインに注意!

睡眠の質を下げてしまう成分の代表格がカフェインです。

ただし、カフェインの覚醒効果には時間があり、就寝時間5時間より前でしたら、特に影響はありません。

 

カフェインが含まれる飲食物で有名なのはコーヒーとチョコレートですが、それ以外にも緑茶、紅茶、コーラ、ウーロン茶、そして栄養ドリンクにもカフェインが含まれているものがあります。

夕食後にお茶やコーヒーを飲む事があるかもしれませんが、可能な限り避けましょう。

 

  • 返って睡眠の質を下げるアルコール

お酒を飲むと眠くなるので、誤解しがちですが、アルコールは実は睡眠の質を下げてしまう働きがあります。

たくさんアルコールを摂取すると、寝付きは良くなりますが、睡眠後に交感神経が優位になり、眠りが浅くなります。

 

一方、少量のアルコールは返って入眠の妨げとなり、睡眠の質の低下により長時間眠っても頭がすっきりしないなどの影響があります。

禁酒の必要はありませんが、睡眠のためにアルコールを摂取する必要もありません。

 

休日の朝寝坊と夜更かしはNG

朝寝坊

睡眠の質を上げるために大切なのは生活リズム。

休日前だからと夜更かしをして、その分朝寝坊をし、そしてその日の夜も夜更かしをする…。

 

睡眠時間そのものは平日よりも多いかもしれませんが、これでは睡眠リズムが返って狂ってしまいます。

休日の朝寝はや昼寝は程々にし、夜の就寝時間に影響の出ない範囲に留めましょう。

 

仕事が忙しいと、睡眠時間を増やしたいと思っても不可能ですよね。

だけど、ちょっとしたことに気を付けるだけで、睡眠の質をぐっと上げて、肌の回復機能を今より高めることは可能です。

 

ストレスフルな毎日に、夜中位は自分の好きなことをしたいと思うかもしれませんが、背中ニキビを治すために、今は睡眠優先にしてくださいね。

-背中ニキビの原因

Copyright© 3ヶ月で背中ニキビにさよなら!ツルスベ美肌になれるおすすめの治し方 , 2018 All Rights Reserved.