背中ニキビの治し方!原因をしっかり押さえて目指せ背中美人!

投稿日:2015年9月13日 更新日:

背中ニキビは正しくケアすれば必ず治ります!

背中美人

背中は普段目にする機会が少ないため気づいたときにはかなり荒れている・・・なんてことが少なくありませんよね。

 

その結果、

 

  • 好きな人との初エッチの時に背中に色素沈着があるのって・・・嫌われないか心配
  • 大好きな彼とプールに行くのに・・・こんなんじゃ水着きれない
  • 友達と温泉にいったら背中を見てドン引きされた・・・。
  • 繰り返す背中のニキビなんとかしたい・・・。
  • 結婚式まで時間がない・・・ウエディングドレスをきるのが憂鬱です。。
  • 彼に背中を触られたり見られたりすることに抵抗が・・・ツルスベ肌になりたい。

 

など背中って普段見えないけど、いざというときには見せることが多い実は大切な部分なんです。

 

男性からみてもやはり背中がキレイな女性は視線を奪ってしまうほど背中って語る部分なんですよね。

 

お・・・キレイな背中

 

海や街中でスレ違いざまには結構胸や顔のあたりを男性は見てしまうものですが女性が背を向けている時に見てしまうのは背中や足なんですよね。

 

でもあなたがこのサイトにきてくれているということは何か背中ニキビの対策をしたけれど思うように改善が見られなかったからじゃないかなって思います。

 

私自身も背中ニキビに悩んでいました。

 

しかし今はかなり改善することができましたのでその経験や知識をあなたにもお伝えできればと思います。

 

大切なのは「正しい知識」「適切なケア」そして「諦めないこと」。

 

この3つがあれば必ず、いいですか大事なことなのでもう一度いいます。

 

 

 

正しい知識で適切なケアを継続すれば必ずよくなりますので諦めずにケアしていきましょう!

 

 

 

それではまずこの記事では背中ニキビの主要な4原因についてお話できればとお思います。

 

 

背中ニキビの原因は大きく分けて3つ!

なぜ?

背中ニキビと顔のニキビは実は主な原因は同じです。

 

よく顔のニキビと体のニキビは原因が違うという記事を見かけますが発生原因は同じです。

 

顔と体ニキビの違いは悪化していく原因ですがそれはおいおい別の記事でご紹介しますね。

 

背中ニキビの原因は主に3つあります。

 

  • 背中の乾燥
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 肌の過角化

 

実はそれほど衝撃的な原因ってないんですよね。

 

背中ニキビについて調べているのであればマラセチア菌が原因だって記事を読むこともあるかもしれませんがマラセチア菌は悪化させる原因ですね。

 

ですのでそもそも背中ニキビの発生とは関係ないのでその点は注意が必要です。

 

原因1.あなたの肌は乾燥している!肌バリアを壊す3つのポイント

p-Deserto

背中ニキビの主要な原因、それは背中の乾燥です。

 

 

 

背中って顔と違い普段からひと目にさらされるような場所ではないため、確認もケアもおろそかになりがちなんですよね。

 

また肌質に関しても誤解されがちな部分なのでその点も合わせてご紹介してい行こうと思います。

 

1.シャンプーやコンディショナーはアミノ酸系ノンシリコンで!皮脂の落とし過ぎは逆効果

シャンプーってどんなもの使っていますか?

 

シャンプーやコンディショナーはしっかりと洗い流すことが必要なのですが流しすぎると効果がなくなってしまうような感じがして軽くしか流していませんか

 

実はそれが背中ニキビを引き起す原因にもなるんですよ!

 

市販されているシャンプーの9割以上は石油系合成界面活性剤のシャンプーです。

 

シャンプーって石油使われてるの?!って思うかもしれませんが石油を使って抽出された化学成分を使っているシャンプーのことを石油系と呼びます。

 

 

石油系とかでてきたのでご参考までにですが、界面活性剤は大きくわけて5つに分類されます。

 

  • 天然もの
  • 石鹸系
  • アミノ酸系
  • 脂肪酸エステル系
  • 高級アルコール系
  • 石油系

 

この中で肌への刺激が少ないものは天然もの、石鹸系、アミノ酸系となります。

 

石油系などは大量生産がしやすいため、メーカーからすると安価に製造することができます。逆にアミノ酸などは生産量が少ないためどうしても高級になってしまうというデメリットもあります。

 

背中ニキビに優しいシャンプーの選び方!

市販の9割が石油系なんてどうやってシャンプー選べばいいの・・・。

 

大丈夫です、そんな不安な顔をしないでください!

 

シャンプーは化粧品と医薬部外品との2種類に分類されます。

 

え?そうなのっていう人が大半だとは思いますが実はそうなんです。

 

シャンプーが化粧品に分類される場合は成分が濃い順から順に表示されます。

 

これを利用すれば良いシャンプーはすぐに選べます。

 

シャンプーの全成分は水が60%~70%を占めています。ですので一番最初に表示されます。

 

そして水の次に濃度の濃いものが界面活性剤です。

 

通常界面活性剤も1種類で配合されるのではなく大体3種類~5種類程度まぜで配合されるのが一般的です。

 

水の次の5種類程度に以下の成分表記がある場合には石油系界面活性剤です。

 

  • ラウレス硫酸…
  • ラウレス硫酸…

 

先ほどご紹介したように石油系界面活性剤は安価に大量生産できるためにメーカーのほとんどは石油系界面活性剤を使用しています。

 

また石油系界面活性剤は洗浄力が強いのも特徴でその強すぎる洗浄力で肌に必要な皮脂も洗い落としてしまうんですよね。

 

なので本来肌からの水分蒸発を調整してくれる皮脂がなくなることで肌の水分が失われやすくなり、乾燥や炎症の原因にもなるんです。

 

肌に優しいアミノ酸系シャンプーを選ぶなら水の次の成分表示に以下の表記があればアミノ酸界面活性剤です。

 

  • ココイル…
  • ラウロイル…

 

アミノ酸系界面活性剤は適度な洗浄力があり、低刺激ということから美容院などでもよく使用されています。

 

美容院で頭をあらってもらうと、

 

「あ、なんか違うかも?」

 

って思ったことありませんか?

 

あれはアミノ酸系シャンプーで優しく洗ってもらっているので肌が直感的に優しいものだって感じているんですよね。

 

アミノ酸系は肌に優しいというメリットがありますが、泡立ちにくかったり、どうしても市販の石油系界面活性剤よりは高くなってしまうというデメリットもあります。

 

こればっかりはどうしようもないのですが、、、そもそもあなたの背中ニキビの原因がシャンプーにあるのかどうかを判断するためにも一度石油系界面活性剤をやめて3ヶ月程度アミノ酸系や石鹸系などの肌への刺激が少ないものに変えてみるのはありだと思います。

 

背中ニキビに悩んでいた人が石鹸系に変えたところ、全身のアトピーが改善したっていう話もあるのでたかがシャンプーというわけでもないようですね。

 

コンディショナー選びの超基本!背中ニキビケアにはノンシリコンで!

シャンプーのあとにはコンディショナーでツルサラにという人は多いのではないでしょうか。

 

しかしこのツルサラに背中ニキビを悪化させる原因が潜んでいるって知ってますか?

 

コンディショナーをした後に指通りがさらさらになるのは髪がコーティングされているからです。

 

このコーティング作用が実は厄介なんですよね。

 

このコーティング作用は「ジメチコン」、「シクロメチコン」という成分で構成されています。

 

そしてこれらの成分は女性ならよく使うヘアスプレーやヘアミストにも含まれているんです。

 

この保護成分が背中の毛穴を塞いでしまうんです。

 

先ほど冒頭でご紹介したように髪をコンディショナー後、それほどしっかり流さない女性が多いです。

 

流したと思っていても実は流しきれていないんです。

 

考えてみてください。

 

しっかり流したつもりでも髪の毛さらさらじゃないですか?

 

それは裏を返せばそれだけしっかりとコーティングされているということです。

 

水やお湯では簡単に落ちないってことなんですよね。

 

もちろん髪の毛をコーティングするためにコンディショナーしているので落としきってしまっては意味がありませんよね。

 

落としきるべきは背中に残った成分です。

 

背中を保護するといった意味では、髪を洗う祭は顔の前に垂らすようにして洗う、あらったあとは髪の毛が背中につかないようにヘアクリップやヘアゴムでとめておくといった簡単な対策でも効果ありです。

 

シリコンの別名としては、

 

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シリカ
  • シリル
  • シロキ
  • シラン

 

といった名称はシリコンですので選択する際の参考になればと思います。

 

大切なのはあなたの常識にとらわれないことです。

 

あなたの常識の範囲内で考えていたら本当はすごく効果がある対策なのに、選択されませんからね。

 

素直な気持ちで読み進めることが大切です。

 

肌の乾燥はシャンプーが原因かも?選ぶときにはアミノ酸系か石鹸系を選ぼう!

 

 

2.背中をゴシゴシ洗っていませんか?傷つきやすい肌には木綿タオルがおすすめ!

背中を洗うものはナイロン製のものが多いですね。

 

ナイロンのものは泡立ちがよかったり、汚れがすっきりと落ちるなどあります。

 

実際には皮脂を落とし過ぎてしまったり、過度な摩擦によって肌自身を傷つけてしまったりという方があとをたちません。

 

しかしナイロン製のものがすべて悪いかというとそういうわけでもありません。

 

泡立ちの良さを逆に利用してたっぷりの泡で撫でるように洗ってあげれば肌の汚れも皮脂も適度に落とすことができます。

 

またナイロン製のいいところは管理のしやすさです。

 

乾燥も早くカビの心配もあまりする必要がありません。

 

肌が荒れる、お風呂上がりは肌が赤っぽくなっているという場合はこすり過ぎが考えられるので力加減を弱めてみるかタオル自体を違うものに変えてみるといったことをしてみましょう。

 

私のおすすめは木綿のタオルです。

 

いわゆる手ぬぐいってやつですね笑

 

手ぬぐいであれば適度な刺激て肌を傷つけることなく汚れを落とすことができます。

 

難点はしかりと洗って干して置かないとカビが生える原因になること。

 

また泡立ちもナイロンに比べると弱いため、泡立ちを重要視したい場合にはナイロンとの合わせ技でナイロンでしっかりと泡立てたものを手ぬぐいに移すということをすれば解決です!

 

3.肌に触れる柔軟剤で逆に肌が傷ついてる!?知らないと怖いその影響は?

洗濯の仕上げに柔軟剤を使っている人も多いのではないでしょうか。

 

私も少量ではありますがレノアを使っています。

 

昔は匂いが好きだったダウニーなどを利用していましたが匂いが強すぎてちょっと感覚が麻痺してきたので使用をやめました。

 

柔軟剤も石油系のものが多く肌にはあんまりよくありません。

 

肌触りはよくなるんですが、直接触れるとなるとそれは別問題です。

 

洗剤に使われるのは陰イオン界面活性剤で、そして柔軟剤に使われるのは陽イオン界面活性剤です。

 

柔軟剤の主成分は陽イオン界面活性剤で、この陽イオン界面活性剤にはたんぱく質編成作用があります。

 

つまりたんぱく質で構成されている肌を傷つけてしまうってことなんですね。

 

柔軟剤は仕上げの段階で投入されるのでしっかり洗い流されず衣類に残りやすい。

 

残った柔軟剤は衣類の表面に膜をはることでふんわりとしたあの肌触りを出しています。

 

その膜を貼った柔軟剤が肌と直接触れると肌荒れなどを起こすんです。

 

 

ちょっと昔を振り返ってみてください。

 

子供のころは背中ニキビとかできなかったじゃないですか。

 

それってやっぱり柔軟剤も今ほど使っていなかったり、洗剤も石鹸系が多かった。

 

これってやっぱり関係しているんだと思うんですよね。

 

より清潔に!ということを追い求めるあまり強い洗浄力、香りになってしまい結果として逆に肌を痛めてしまっている。

 

これでは本末転倒ですよね。。。

 

柔軟剤による影響を調べてみると柔軟剤をやめた途端に症状が改善した例もあります。

 

なのでシャンプーや柔軟剤など肌に直接触れるものに関しては一旦肌に優しいものに変えてみたり、使用を一時やめてみるといったことも原因を特定するためには重要です。

 

原因2.寝不足やストレスによるホルモンバランスの乱れはカサベト肌の原因に!

ストレスを抱える女性

昔から睡眠不足やストレスはお肌の大敵なんて言われていますがそれはあたっていますし、背中ニキビの大敵でもあります。

 

その原因となるのがホルモンです。

 

ストレスを感じると自律神経の交感神経が優位になります。

 

普段リラックスしていたり、楽しいことをしているときは副交感神経が優位にあります。

 

これが一転して交感神経が優位になると体は危険を感じている、身を守る必要がある!と判断してアドレナリンなどの興奮物質を分泌します。

 

またその一方で活性酸素も大量に生成されます。

 

活性酸素は女性ならすでに知っている方も多いと思いますが体を錆びさせる有害物質です。

 

実際には適量であれば免疫作用としても働きますので悪いばっかりではないんですけどね。

 

その活性酸素が皮脂と結びつくとベトベトとした皮脂になります。

 

これがストレスにより分泌される皮脂がべとつくと言われる所以です。

 

皮脂がべとついていても毛穴が柔軟性があり、しっかりと開いていればニキビはできにくいのですが柔軟性を失っている肌にはベトベト皮脂はニキビのもとになるので注意が必要です。

 

背中ニキビに影響するのは3つのホルモン

背中ニキビに関係するホルモンは3つあります。

 

  • エストロゲン・・・卵胞ホルモン、女性ホルモンとも呼ばれる
  • プロゲステロン・・・黄体ホルモンと呼ばれるホルモン、女性の妊娠を維持させるなどの作用があります。
  • アンドロゲン・・・男性ホルモンのこと

 

それではそれぞれのホルモンがどのように背中ニキビと関わっているのかをご紹介します。

 

エストロゲンの働きとは?

エストロゲンは角層の細胞間脂質であるセラミド、天然保湿成分が構成するバリア機能を強化し、水分をたっぷり含んだ潤い肌を維持してくれる働きがあります。

 

肌が潤っているのであれば過角化はしないので柔軟性のある肌になります。

 

肌が柔軟であると老廃物をスムーズに排出できるためニキビになることはありません

 

言ってしまえば皮脂が過剰に分泌される状態であってもニキビにはなりにくいということですね。

 

エストロゲンと似たような働きをするものとしてイソフラボンがあります。

 

イソフラボンといえば豆乳や豆腐などの大豆製品に多く含まれることはもはや常識といってもよいくらいですね。

 

もちろん背中ニキビの抑制のためにも摂取したいですが、美容のためにも積極的に摂取したいところです。

 

エストロゲンは多いほどいいのか?

じゃあエストロゲンは多いほどいいのか?というとそういうわけでもありません

 

エストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれるくらいなので女性にとっては嬉しいホルモンであることには変わりありません。

 

しかしエストロゲンが過剰になると女性特有のガンである乳がん、子宮筋腫、子宮内膜症などの確率が上昇します。

 

また皮脂を抑えすぎた結果逆に乾燥してしまうこともあるので極端に分泌が増えればいいかというとそういうわけでもないんですね。

 

特定のホルモンを増やすのではなく本来のバランスを保つことが大切です。

 

プロゲステロンの働きとは?

プロゲステロンは肌にツヤやハリを与えてくれる反面皮脂の分泌量を増やす働きがあります。

 

その一方ではメラニン生成を活性化したり、むくみやほてりの原因になることも。

 

先ほどご紹介したようにプロゲステロンは男性ホルモンと似た働きもすることがわかっており、

 

肌の状態が不安定になることに加え、熱がこもりやすいので炎症を起こしやすい状態にするホルモンともいえます。

 

アンドロゲンの働きとは?

アンドロゲンは男性ホルモンの一種です。

 

女性であっても男性ホルモンは分泌されるホルモンなので勘違いしないようにしてくださいね。

 

アンドロゲンは皮脂腺を発達させて、皮脂の分泌量を増やす働きがあります。

 

皮膚が柔軟な場合には皮脂が過剰に分泌されても問題はありませんが皮膚が柔軟性を失っていたり、過角化している場合には毛穴のつまりを引き起こす要因になります。

 

皮脂を落とすためにボディソープなどで皮脂を落としすぎても皮脂腺を刺激し皮脂を分泌させる要因になります。

 

特に女性の場合、皮脂が浮いていることは恥ずかしいことであるようなイメージが定着していますのでこまめに皮脂処理をしている人も多いのではないでしょうか。

 

また制汗スプレーであったり、冷却スプレーなども最近では頻繁に利用されるようになってきています。

 

これらも肌に刺激を与えるので皮脂を過剰分泌させる原因になります。

またアンドロゲンは角質を厚くしたり過角化を促すといった働きもありますので女性にとってはあんまり嬉しい作用があるとはいえませんね。。。

 

原因3.見えないからこそ気をつけたい!背中の過角化は気づいた時には手遅れに

びっくりする女性

あなたは背中のスキンケアしてますか?

 

背中は皮脂腺が多い部位 です。

 

それはなぜかというと肌が薄くしっかりと保護する必要があるからなんですね。

 

 

毛などもそうですよね、大事な部位にはしっかりと生えていますよね。

 

顔も同じ理由です。

 

反対にかかとなどの硬くなる部分には皮脂腺がほとんどないため皮脂でベトベトなんてことはありませんよね。

 

そう考えると体ってほんとよく出来ていますよね。

そんな肌の薄く繊細な背中ですがケアをしている人は多くありません

 

ネオマーケティング社が行った女性の背中に関するweb調査によれば

 

ケアの優先度がつい低くなってしまう体のパーツ第1位は背中

女性の背中をつい見てしまう男性は6割以上

背中が綺麗な人は内面も綺麗なのではと期待してしまうという回答も

背中を見せられる人が羨ましいと答えた反面背中に自信がないと答えたのはなんと9割!(引用:iResearchHP)

 

となっています。

 

気にはしているものの実際には何をしたらいいのか、特にケアはしていないという結果に。

 

そして普段から気にしてケアを行っている人はなんとたったの3%という結果にも驚かされますよね!

 

そんな背中ケアの意識の薄れもあり肌の過角化は進んでいってしまうんです。

 

過角化を進行させてしまう保湿不足、過剰な皮脂ケア、そして紫外線についてご紹介していきます。

 

誤ったスキンケアが肌の過角化の原因に?正しく押さえたい主要原因とは?

背中の過角化の原因は保湿不足、過剰な皮脂ケア、紫外線の三要素です。

 

女性は美を意識するあまり過度にケアをしてしまいがちです。

 

キレイのためにと思ってやっていても実際に逆効果になってしまっていては意味がありませんよね。

 

背中保湿してますか?女性の8割が背中の保湿は不十分

背中は視線や手が届きにくいことや、女性は顔や腕、足など他にもケアしなければいけない箇所が多くなかなか背中まで意識が回らないというのが現状ではないでしょうか。

 

とはいえいざというときに目についたり、注目を集めたりするのは背中だったりするでしっかりケアはしておきたいところ。

 

背中はあなたが思っている以上に過酷な環境にあります。

 

寝汗に始まり、衣服の摩擦、風通しが悪い、下着の締め付け、柔軟剤による影響とダメージを受けやすい環境になるんですね。

 

そんななかしっかりと肌バリアが機能していなければさらに肌はダメージをうけ、荒れてしまい肌を守ろうとして肌の過角化や皮脂の過剰分泌といったニキビの原因になる事象が発生してしまいます。

 

背中を清潔にし、しっかりと保湿や潤いを与えれ上げることで肌バリアを保ってあげることが重要なんですね。

 

過剰な殺菌や皮脂の拭き取りは乾燥肌の原因に

日本の女性は皮脂を非常に嫌います。

 

その結果、数多くの制汗グッズや皮脂を処理するアイテムがあふれています。

 

女性は必死に皮脂処理をしますが肌にとっては皮脂はある程度は必要なもの。

 

しかしながら、

 

ほんとにこまめに女性は皮脂を拭きとってしまいます。

 

そうなると肌の潤いを保つ役割もある皮脂がないため肌の水分がどんどん蒸発していきます。

 

すると肌は乾燥するため肌を守ろうとして皮脂を分泌します。

 

しかし女性がせっせと皮脂を拭きとってしまうのでさらに肌の乾燥が進んでいってしまいます。

 

その結果として肌バリアが崩壊し、見た目的には潤っているように見えても皮下は乾燥している隠れ乾燥肌になっている女性も数多く存在しています。

 

肌バリアが壊れてしまうと肌の潤いがなくなるだけではなく免疫力も低下し細菌などからの攻撃に弱くなります。

 

となると小さなニキビで健康な肌であれば悪化しないようなものも、マラセチア菌の繁殖が簡単になるため真っ赤な大きい背中ニキビへと発展していってしまうんですね。

 

美容のためにも、背中ニキビ対策にもお肌の保湿はしっかりとしてハリツヤのある肌でいたいですね。

 

紫外線によるダメージは侮れない!しっかりと紫外線対策を!

紫外線対策で日焼け止めなどはもはや定番ですがなぜ紫外線対策が必要なのか理解している人は少ないのではないでしょうか。

 

肌に良くないからとか、日焼けするとメラニンがというレベルではないですか。

 

紫外線には、

 

  • UV-A
  • UV-B
  • UV-C

 

という三種類あります。

 

UV-Aは真皮にまで届きお肌のハリや弾力を保つコラーゲンなどの成分を破壊します。

 

UV-Aはガラスや雲を突き抜けて降り注ぐため家の中にいても紫外線対策が必要な理由はわかりますよね。

 

そして日焼けを引き起すのはUV-Bです。

 

UV-Bはメラニンを作る細胞のメラノサイトを活性化させたり、お肌の表面に赤く炎症を起こしたりします。

 

紫外線はこのように肌の表面だけではなく、内部にまでダメージを与えます。

 

内部が傷ついてしまうと免疫力の低下や自己回復力も低下させてしまうため、肌のターンオーバーの乱れや肌バリアの崩壊に繋がってしまうので注意と対策が必要です。

 

背中ニキビの自宅でできる簡単ケアは?

さて、背中ニキビの原因についてご紹介してきましたがそれではどのようなケアが必要になるのでしょうか?

 

色々な理由はあるものの背中ニキビの原因は大きくわけて2つに集約できます。

 

 

背中をキレイに保つにはしっかりと背中を洗うこと。

 

これは冒頭でもお伝えしましたがナイロンタオルではなく手ぬぐいなどの柔らかいもので撫でるようにあらうのがポイントです。

 

そして汚れを落としたあとはしっかりと保湿をしてあげる

 

この2つの組み合わせが大切です。

 

肌がしっかりと潤っている状態であれば皮脂や汚れをスムーズに外に排出することができます。

 

そもそもニキビは毛穴に皮脂や汚れがつまってしまうことから発生します。

 

ですのでは肌の柔軟性を保つことは重要なんですね。

 

背中に手がとどかないという人は100均などで売っているスプレーボトルに顔につけるようの化粧水をいれて吹きかけてあげてもOKです。

 

化粧水の場合は蒸発しやすいのでこまめに吹きかけてあげるとなお効果が高まります。

 

 

背中ニキビ対策に保湿を集中的に行いたい人は・・・

保湿をするのであれば市販の化粧水でも問題はありません。

 

しかしより集中的にケアをするのであれば背中ニキビ専用のものがよいでしょう。

 

専用のものは保湿力を高めてあったりジェル状になっているので効果が長く続くのが特徴です。

 

気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

 

最後に・・・

背中が汚いとせっかくの楽しいイベントも台無しになってしまいますよね。

 

本当は彼にだってほめて欲しい、たくさん触って欲しいって思っているのに赤いぶつぶつだらけの背中は見せたくもない。

 

情けない気持ちにもなるし、、、でも冒頭にいったように正しい知識を持ち適切なケアを継続すればあなたの背中ニキビは確実に改善に向かいます。

 

 

なぜ断言できるのか?

 

それは私が同じ体験をしたからです。

 

いろんな情報を集めることに必死になり、あれもこれもと試しました。

 

しかし一進一退でした。

 

 

そこで私が紹介したような感じでまずはシャンプーを変えてみてって感じで1個ずつ試していったんです。

 

そうしたら私の場合は、柔軟剤と保湿がマッチしたんですよね。

 

正直もう治らないんじゃないかって思ってました。

 

でも彼が励ましてくれたんですよね、お前のウエディングドレス姿みたいから待ってるよって。

 

あなたも誰か大切な人に言われたくないですか。

 

お前のキレイな背中みたいから待ってるとか、

 

お前の背中ってキレイだよな、めっちゃ好きだわって。

 

でもそのためには一歩踏み出してみるしかないんですよね。

 

私はジュエルレイン試してみましたけど、返金保証があるのは他にもいっぱいあるし試してみないと自分に合うか合わないかもわかんないんですよね。

 

そして悩んでいるうちにまた今年も夏が終わっちゃった・・・ってなるんですよ。

 

 

彼との大切な、二度とこない夏がまた終わっちゃったんです。

 

そんな時間の使い方もったいないなって正直思います。

 

 

自分がそういう時間の使い方をしてしまったから余計に。

 

だからあなたには私と同じような想いをしてほしくないって素直に思います。

 

継続すれば必ず成果は出ます。

 

まずは勇気を出して一歩を踏み出してみませんか?

 

 

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

あなたの背中が一日も早くキレイになることを祈っています。
綺麗な背中も自信も私は取り戻す!

-背中ニキビの原因

Copyright© 3ヶ月で背中ニキビにさよなら!ツルスベ美肌になれるおすすめの治し方 , 2018 All Rights Reserved.