治らない背中ニキビは保湿が届いていない肌の奥の乾燥が原因だった!

投稿日:

服を着ているとあまり目につかない背中ですが、

実はぽつぽつニキビが…あなたもそんな悩みがありませんか?

 

この暑い夏、肌を出すようなファッションの時は気になり落ち着かないですよね。

 

背中って顔ほど油はなくどちらかというと乾燥しているイメージですが、なぜかニキビができますよね。

実は背中にニキビができやすいちゃんとした理由があったんです。

 

背中も顔と同じ皮膚なので実はしっかりとした保湿対策が必要なのですが、

誤ったスキンケアなどで肌のバリア成分つまり保湿成分が失われた肌は乾燥します。

 

そして水分がなくなり乾燥した肌を守ろうとして皮脂が必要以上に分泌されるのです。

 

乾燥して毛穴が硬くなっているところに、

通常であれば自然と排出されるはずの皮脂が詰まってしまう…

これじゃあニキビもできやすくなるはずですよね。

 

背中のニキビ、かゆみを伴うことも多いのでできるのであればすぐにでも治したい!

まずできることから始めましょう。

保湿の重要性とおすすめのケア用品特集はこちら

 

身体の洗い方次第でもお肌の乾燥につながることも

入浴の際はボディソープよりも固形の石鹸を使用しましょう。

液体であるボディソープには泡立ちを良くするために『界面活性剤』が多く含まれています。

 

界面活性剤は洗浄力にとてもすぐれていますが、

肌のバリア機能成分まで落としてしまい乾燥を悪化させてしまいます。

 

固形の石鹸であればあまり界面活性剤を入れる必要がないので必要以上に肌の潤いを奪ったりはしません。

 

またボディタオルはどんなものを使用していますか?

ナイロン製のボディタオルでゴシゴシでは背中に小さな傷をつけてしまい炎症をおこします。

 

ぜひ綿や絹の柔らかいもので洗ってあげてくださいね。

自宅にあるフェイスタオルなどでもいいですよ。

 

しっかり泡を立てて優しく洗いましょう。

 

石鹸成分が残ったりすると、刺激にもなってしまうので

すすぎ残しのないようにしっかりと洗い流してくださいね。

 

背中のニキビには乾燥が大敵です。

乾燥によるかゆみなどもストレスですよね。

入浴の後はしっかり保湿を行いましょう。

 

背中の保湿って普段はあまり意識しませんが、

背中も顔同様に、入浴後素早く保湿を行いましょう。

 

なかなか手が届かない場所でもあるので

スプレーボトルに詰め替えるなどして使用してもよいでしょう。

 

肌に使用した際ピリピリするような刺激を感じるものは絶対に避けてください。

 

ニキビができている肌はとってもデリケートな状態なので、

低刺激、敏感肌用の保湿剤を選び、できるだけオイルフリーのものをたっぷり使用してくださいね。

背中ニキビにおすすめのケア用品ランキングはこちら

 

正しい保湿ケアをしっかり続けることにより肌が柔らかくなり、

たまっていた皮脂が排出されやすくなります。

 

 

通常であれば約28日で皮膚の古い角質が剥がれ、

新しくきれいな肌が表面に出てきます。これをターンオーバーといいます。

 

ターンオーバーを正常に戻すには…

  • 睡眠をしっかりとること
  • バランスの良い食事をとること
  • 適度な運動
  • ストレスをため込まない
  • なんといっても保湿!

 

このターンオーバーがしっかり行われることにより

肌の保湿成分を常に良い状態に保つことができるのです。

 

生活の乱れやストレス、睡眠不足やホルモンバランスの崩れなどさ

まざまな原因で起こる背中ニキビですが、乾燥は大敵です。

 

保湿をしっかり行うことで対策しましょう。

数日で治るものではありませんので根気よくしっかりとケアを行いましょう。

背中ニキビにおすすめのケア用品ランキングはこちら

-背中ニキビの原因

Copyright© 3ヶ月で背中ニキビにさよなら!ツルスベ美肌になれるおすすめの治し方 , 2018 All Rights Reserved.