あなたの背中ニキビを治すなら避けたい食べもの6つを厳選!

投稿日:2015年10月7日 更新日:

背中ニキビを治したいのであれば内側からのケアも必須です。

 

背中ニキビ改善に効果の期待できる絶対に押さえたい栄養素8選ということで記事を書いていますので、

 

そちらもあわせて読んで頂ければ効果がぐっとあがると思います。

 

摂取するといいものもあればなるべく避けたいものもあります。

 

実はすごく身近にあるもので普段食べてしまっているものである可能性があります。
[char no=3 char="困る"]んーなんだろう?[/char]

避けたほうがいいもの、実は避けなくてもちょっと気をつければいいものまでご紹介しますので是非読んでみてください。

 

背中ニキビに悪影響!?避けたい食べものは女子の大好物の可能性も?

それではどんな食べものがニキビに影響をあたえるのでしょうか?

 

ひとつずつ紹介していきます。

 

女子なら大好きな人も多いかも!?糖分たっぷりのチョコレート!

チョコレート

チョコレートは油分も糖分も多いためニキビにとってはあまり好ましくない食べものです。

 

しかし医学的にはチョコレートを食べるとニキビになるという研究報告はありません。

 

またアメリカ食品医薬品局・FDAも、

 

ニキビと食事を関連付ける科学的根拠はない

 

という見解を示しています。

 

ではなぜチョコレートを食べるとニキビになるという噂が広まっているのでしょうか?

 

[char no=3 char="困る"]そうだよね、科学的根拠がないならウソなんじゃないの?[/char]
それは、

 

添加された糖分やミルク、そして添加物。

 

カカオ自身の糖分は問題にならないのですが、問題となるのは甘くそして口当たりをよくするために加えられる糖分とミルクです。

 

 

また最近のチョコレートには日持ちや見た目などのために食品添加物がはいっているものもあります。

 

食品添加物も体内で活性酸素を発生させる要因になります。

 

その結果、発生した活性酸素により皮脂が酸化して過酸化脂質になった皮脂が肌にダメージをもたらしてしまうんですね。

 

つまりニキビを起こすのはチョコレートではなく豊富に含まれている、

 

  • 糖質
  • 脂質
  • 食品添加物

 

なんですね。

 

チョコレートを食べたくなるタイミングにも問題が・・・

チョコレートを食べたあとにニキビが出る。

 

でもよくよく振り返ってみるとチョコレートって大体こんな時にちょこ食べたくならないですか?

 

  • 仕事や勉強、対人関係でストレスが溜まっているとき
  • 生理前でホルモンバランスが崩れているとき
  • 疲れているとき

 

こういう時は体が糖分を求めていたり、イライライしていることも多いためそもそも肌にニキビが出来やすい時期でもあります。

 

そういったタイミングも重なってチョコを食べるとニキビができるとなってしまったんですね。

 

じゃあ誤解だったんだし、食べても問題がないかというと先ほどご紹介したように糖分と、油分の固まりなチョコレート。

 

我慢できるのであれば、ニキビケア中は控えたほうがいいでしょう。

 

ただし、チョコレートにはポリフェノールやテオブロミンも豊富に含まれているので、

 

精神を安定させる働きもあります。

 

ですので絶対食べてはダメというわけではなく、治療中はチョコレートを食べる量を調整するなどしていきましょうということです。

 

もし食べるなら糖質と脂質が低いものでカカオが70%以上配合されたものを選ぶことでニキビを気にする人でもチョコレートを楽しむことができます。

 

チョコレートを食べ過ぎたと思ったら脂肪や糖分を代謝してくれるビタミンB2、B6を積極的に摂取するようにしましょう。

 

[char no=1 char="ワンポイント"]そっか!うまく調整することが大事なんだね![/char]

意外と盲点!?辛いものは背中ニキビを悪化させる!

唐辛子

辛いものを食べると汗をかいて、血行もよくなっている感じがして体にはよさそうですよね。

 

体もぽかぽかしてくるし、冷え症にもよさそう!

 

確かに辛いもののいい側面をみれば冷え症や血流の改善などが期待できます。

 

しかし辛いものは内臓に負担をかけるためにホルモンバランスを崩しやすいんですね。

 

 

脳が痛みを感じるとその負担を取り除かせようと胃や腸に働きかけます。

 

そうすると胃酸が過剰に分泌され体にも負担がかかってきます。

 

ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーや、皮脂の過剰分泌、皮膚の角化などニキビへの悪影響も考えられますので、

 

過度に辛い食事などは避けたほうが無難だといえます。

 

先日私も超激辛麻婆豆腐を食べる機会があったので食べました。

 

食べてる間はもう口の中が麻痺して感覚がなくなるような感じというんでしょうか、痛くてよくわからないって感じになりました。

 

その後、数日間胃腸の調子が悪くて体調もそうですが、肌荒れもひどかったです。。。

 

やはり栄養の吸収をするメインの臓器である胃や腸に負担をかけることって全身の代謝にも影響するんだなって感じた瞬間です。

 

ですので普段から辛いものを食べていて体がもう慣れている今までも大丈夫だったという人はいいかもしれませんが、

 

あんまり辛いものは得意じゃないって人は控えたほうがいいですね。

 

炭水化物を制御して、背中ニキビの改善を!

炭水化物

お米や、パスタ、うどんにパン。

 

どれもおいしいですよね、お昼には会社の同僚とランチパスタとか会話も弾むし、会社での何よりの楽しみですよね。

 

炭水化物は糖質になりますが、糖質は吸収するのにさらに分解する必要があります。

 

その際に必要になるのがビタミンB1なんですね。

 

ビタミンB1は肌のバランスも整えてくれるので不足すると肌荒れやニキビなどの肌トラブルがおきます。

 

また炭水化物は炎症を起こすホルモンであるインスリンのレベルもあげたり

 

大量にビタミンB1が消費されることで皮脂の過剰分泌が起きる可能性も高まります。

 

これはビタミンB1に皮脂の過剰分泌を抑制する効果があるからなんですね。

 

これはやばい!と思って炭水化物をとらなくなるということはやめてくださいね。

 

糖質は体や、さらに分解されたブドウ糖で脳のエネルギーになります。

 

糖質が制限されてしまうと脳の活動自体にもある種のブレーキがかかります。

 

そうなると正しい信号を送れなくなってしまうので体の代謝自体にも影響がでる可能性があります。

 

結果として肌のターンオーバーが乱れたり、ホルモンバランスも崩れたりして背中ニキビができたり、悪化したりしたら意味がありませんよね。

 

背中ニキビにスイーツは禁物!?甘いモノを食べたくなったら天然の糖分で摂取しよう!

スイーツ

炭水化物のところでもご紹介しましたが、糖質を分解するのにはビタミンB1を大量に消費します。

 

ビタミンB1は皮脂抑制効果がありますので、ケーキなどまさに糖分の固まりのようなものを食べれば不足しがちになります。

 

我慢できるのであれば避けていただきたいのですが、どうしても、どーしても食べたくなったら、

 

天然の糖質が入ったものにしましょう。

 

人工甘味料は毒素を生成しますし、分解するために活性酸素も発生させます。

 

そうすると発生した活性酸素などにより炎症が悪化する可能性があるので甘いモノが食べたくなった時はフルーツなどを摂取するとよいですね。

 

 

脂っこい食事はニキビの天敵!野菜多めの食生活がニキビ改善のカギ!?

脂っこい食事

動物性脂肪は皮脂の分泌を増やします。

 

また代謝にはビタミンB2、ビタミンB6,そしてたんぱく質が必要になります。

 

ビタミンB2、B6が不足するとお肌のターンオーバーにも影響しますので、結果として最悪の場合には背中のクレーターニキビ&色素沈着がおこるんですよね。

 

 

 

脂っこい食事というとがっつりとしたお肉をイメージするかもしれませんが、

 

サンドイッチや、コールスローサラダもマヨネーズやバターがたっぷりと使われているので見落としがちな点です。

 

お酒を飲むなら控えめに!アルコールは糖質の少ないお酒を選ぼう!

アルコール

週末やストレスが溜まったときに友達とお酒を楽しむ。

 

これはストレス解消にも効果がありますよね、美味しいお酒に楽しい時間。

 

しかしそんな楽しい時間も飲む種類に気をつけなければ背中ニキビの悪化となって後日悲しい時間に変わってしまいます。

 

そもそもアルコールを摂取すると体内でどのような変化が起きるのかを押さえておくことは大切です。

 

肌の炎症が起きる

アルコールを飲むと体がぽかぽかしてきますよね。

 

これはアルコールを摂取することで血管が拡張し、血流が改善されるからです。

 

寒い地方では強いお酒を飲むのもこの効果を期待してのものです。

 

しかし悪い効果として毛穴が炎症しかかっているような場合には、その炎症も促進させてしまいます。

 

結果、ニキビが吹き出したり、悪化したりという場合もあります。

 

お酒に含まれる糖質に注意!お酒のつまみも食べ過ぎないように

ビールや、日本酒、そして焼酎も糖質が含まれています。

 

なのでわざわざ、糖質0とうたった商品が次々と登場してきていますよね。

 

また居酒屋やバーなどでもあまりお酒だけという場合は少なくないですか?

 

お酒と何かおつまみも食べるということが多いと思います。

 

特に友達などと楽しい時間を過ごしているとついつい食べ過ぎ、飲み過ぎになってしまいます。

 

居酒屋のメニューは味付けが濃く、脂っぽいものが多いのも特徴で食べ過ぎてしまうとその代謝のために大量のビタミンが消費されてしまい、

 

本来の肌の代謝に必要なビタミンが不足してしまうんですよね。

 

なので、お酒を飲んだ次の日は肌が荒れている。。。という記憶がある人も多いのではないでしょうか?

 

肝臓の機能の低下

お酒を飲んだあとは肝臓がアルコールを分解してくれます。

 

肝臓は他にも色々な毒素を分解してくれる本当に働きものの臓器です。

 

普段でも色々な添加物や、毒素が体内にはあるのでその分解に働いていますがお酒を摂取するとアルコールの分解も行わないとダメになるため、

 

処理能力が追いつかないことがあります。

 

 

そうなると毒素が処理しきれないので血液にのって体内をめぐります。

 

そうなるとドロドロ血になったり、栄養がうまく全身に運べなかったり、汗や皮脂も毒素を含んでドロドロとしたものが出るようになります。

 

毒素を含んだ汗や皮脂は肌にとっても影響の大きいものになるので、

 

炎症を引き起こしたり、ターンオーバーに影響を与えたりする可能性が高まります。

 

ビタミンの大量消費

お酒の糖質、おつまみの油分、添加物。

 

そして処理しきれなかった毒素。

 

様々なものを分解するために大量のビタミンが必要になります。

 

ビタミンB群は肌の健康、そして健やかな肌を作るためには欠かせない栄養素なので不足することでニキビや肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

 

 

あなたの背中ニキビを治すなら避けたい食べもの6つを厳選!のまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

普段あなたが何気なく食べているものばっかりではなかったですか?

 

今日は疲れたしちょっと飲んで帰ろうかなーとか、

 

ご褒美にケーキ買って帰っちゃおとか、

 

本当に身近にあるものばかりです。

 

確かに昔に比べ砂糖や、油分、そして食品添加物の量も圧倒的に増えています。

 

しかし逆に言えばこれだけ世の中に溢れてしまっているので完全に避けるのは難しいということです。

 

ですので、今回ご紹介したものを食べ過ぎちゃったなっていうときはしっかりとビタミンやミネラルもとるようして、

 

体をサポートしてあげてください。

 

先程もご紹介したようになるべくは避けるようにしてもらうのがベストです。

 

しかしそれがストレスになってしまっては意味がないのでうまく食生活の見直しをしてみてくださいね。

 

-背中ニキビの治し方

Copyright© 3ヶ月で背中ニキビにさよなら!ツルスベ美肌になれるおすすめの治し方 , 2018 All Rights Reserved.