背中ニキビに漢方薬が効くって本当なのか?

投稿日:2016年5月11日 更新日:

漢方

背中ニキビの治療方法は様々ですが、その治療方法の中には漢方薬もあるのをご存知ですか?

漢方薬というと、馴染みのない、保険適用外の高い薬というイメージがあるかもしれませんね。

 

だけど、漢方薬は医師から処方できて、もちろん保険適用のものもたくさんあるのです。

そして、ニキビ治療に使われる漢方薬もあります。

 

私自身、背中ニキビを含む酷い大人ニキビで最終的には漢方薬も扱う皮膚科に辿り着きました。

背中ニキビに効く漢方薬とはどのようなものなのか、その治療効果はどのように表れるのか、実体験を踏まえながらお話したいと思います。

漢方医学からみた背中ニキビの原因とは?

漢方医学とは、病気のウイルスや症状だけではなく、その人の体質や体型、抵抗力などの個人差を考慮して、その人に合った治療をするという考え方です。

しかし、漢方医学から見た背中ニキビの原因は、西洋医学的な見解と変わりません。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ホルモンバランスの乱れを引き起こす睡眠不足やストレス、栄養の偏り
  • 外的刺激

これらが引き金となって、背中ニキビの原因菌であるマラセチア菌が毛穴に詰まった皮脂を栄養として繁殖、炎症を起こしてしまうのが原因としています。

そのため、背中ニキビに特化した漢方薬というものは存在しません。

 

ただし、西洋医学よりも深く、ニキビだけではなく体の全状態を診ながら、なぜそのような状態に陥っているのかを追求し、それに対応する漢方薬が処方されるのです。

背中ニキビに漢方薬はどのように作用するの?

背中美人

漢方薬は、大きく2つに分けることができます。

 

漢方医学の考え方として、「本治(ほんち)」「標治(ひょうち)」という言葉があるのですが、漢方薬のことをお話するためにはとても大切な言葉なので、説明させていただきますね。

 

本治とは、病気の原因を根本から取り除くこと。

背中ニキビの場合は、ホルモンバランスの乱れやストレス、疲労などを指し、これを取り除くための治療を指します。

 

背中ニキビを本治するために処方される漢方薬には、

  • ホルモンバランスを整える
  • 血流を良くする
  • 胃腸を整えて栄養状態を良くする
  • 皮膚の免疫機能を高める
  • 体内の水分バランスを整える

 

といった体の内面にある原因を改善する作用があります。

 

一方標治とは、病気の原因から二次的に発生した症状を治療することで、背中ニキビの場合は、ホルモンバランスの乱れが起きることによって、皮脂のバランスが崩れて結果皮膚の表面に背中ニキビとして表れた症状を治療することを指すのです。

 

背中ニキビを標治するために処方される漢方薬には、

  • 炎症をとる
  • 膿をとる
  • 痒みをとる

 

という効果があります。

 

医師が処方できる漢方薬は100種類以上あるのですが、患者の診察をして、どの漢方薬が背中ニキビに有効なのかの判断は医師によっても変わってきます。

 

医師が背中ニキビの為に処方した漢方薬を帰宅してからネットで調べてみると、ニキビという言葉が出てこないことがあるかもしれませんが、あなたの体の状態を考えて、必要だと判断したのでしょう。

また、漢方薬は1種類だけではなく、2種類のこともあれば、抗生物質やビタミン剤、塗り薬と共に処方されることもあります。

背中ニキビの治療に漢方薬を使用するメリットとデメリット

メリット・デメリット

背中ニキビの治療に漢方薬を服用することには、メリットとデメリットがあります。

 

メリットは、抗生物質に比べて副作用の心配が少ないということ。

そして、今あるニキビ治療をするだけではなく、背中ニキビができてしまう体の中の根本的な原因にアプローチして、背中ニキビができにくい状態にすることができるということです。

 

背中ニキビに関わらず、ニキビの治療に何が大変かって、治しても治しても再発してしまうことなのですが、漢方薬は、ニキビが再発しないように、緩やかに体内から改善してくれます。

これは、漢方薬だからこそできることなのです。

 

一方デメリットは、抗生物質のような即効性や劇的な治癒は望めないということ。

漢方薬の中には、苦くて酷く飲みづらいものがあること。

そして、とにかく時間がかかるということです。

 

私が医師から処方されていたのは、ツムラ荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

 

医師からは「飲み始めると、良く効いて慢性化していたニキビが奇麗になる人もいる」と処方されました。

熱や炎症を抑え、血液の流れを良くし、にきびや鼻炎などの症状を改善する漢方薬です。

 

これが、とにかく苦くてまずくて、1日3回飲むのが本当に辛かった…!

でも、背中はもちろん、顔面、首、胸元まで広がった酷いニキビが良くなるために頑張ろうと、会社にもきちんと持って行って飲み続けました。

 

結局結婚して引っ越しするまで1年間通院し、真面目に飲み続けたのですが、残念ながら私には劇的な改善は見られませんでした。

だけど、確実にニキビの数が減っているという実感はありました。だから、飲み続けることができたのです。

 

漢方薬は、人によって処方される薬も、飲み続ける期間も、そしてその効き目も違います。

そして、なかなか治らない慢性化したニキビは、漢方薬を含めた様々な薬や治療をしながら、自分自身生活を見直して、ニキビの原因を取り除くための努力が不可欠なのです。

 

私の場合は、この自分の生活を見直す努力が足りませんでした。と言うか、当時の自分には知識が少なく、ニキビの原因が自分の生活の中にたくさん潜んでいるということに気付けなかったのです。

だから、漢方薬の効果もゆっくりだったのかもしれません。

 

漢方薬による背中ニキビの治療は、時間がかかりますが、他にはない「体の内面から原因を取り除く」という素晴らしい効果が期待できます。そして何より、内面から治癒していくので、ニキビだけではなく、体調が良くなっていくのです。

 

最初の処方には、もちろん病院の受診が必要ですが、頻繁に通わなければならないわけではないので、仕事が忙しく時間のない人にもおすすめの方法です。

一度、検討してみてくださいね。

-背中ニキビの治し方

Copyright© 3ヶ月で背中ニキビにさよなら!ツルスベ美肌になれるおすすめの治し方 , 2018 All Rights Reserved.